2015/06/24

ライフスタイル

iPhoneの充電器が断線し壊れてしまったときの対処法

iPhoneの充電器が断線してしまった経験はありませんか?
使っていくうちに先端の部分が曲がってしまい、使えなくなるケースがありますよね。

充電器が壊れると充電できなくて不便。
iPhoneの充電器が壊れてしまったときの対処法をまとめたので、参考にしてみてください。




まずはApple Careに入っているか確認

iPhoneの充電器ですが、保証期間内であれば無償で交換してくれます。
Appleのサポートセンターに連絡し、充電器が壊れてしまったことを伝えれば、無償交換の手続きをとり1週間以内には交換してもらえます。

保証期間内かどうか分からない場合には、シリアルナンバーをAppleのサイト上で入力することで確認することができます。
また、iPhoneの保証期間は1年間です(AppleCare+に加入していれば2年間)
iPhoneを買い替えて1年以上経っているという場合には、無償交換はできないので諦めましょう。




買うときにはAmazonで類似品がベター

iPhoneの純正品は高く、充電器を通常価格で買おうとすると4000円ほどになります。
充電できればいいですし、正直高いですよね。。

純正品でなくても問題なく充電出来ますし、Amazonであれば発注してすぐに届くので、急ぎの場合でも安心です。
Amazonで買うとしたら、おすすめのiPhone充電器はこちら。




比較的安く、純正品に近いデザインですので、気にせず使えます。

iPhoneの充電器は他にもありますが、サイズが大きい、コードが短い、質が低い、など様々で、そこまでこだわらないとしたら、この充電器が一番良いかと思います。
安い充電器もありますが、質が低くすぐに壊れる、というレビューが多いため、あまり安すぎる充電器はおすすめできません。


わざわざ充電器を新しく買うなんて手間だし、無駄な出費で嫌だ、と感じるかもしれませんが、充電器がないと困るのも事実。
充電器がなくて困る、といったことにならないうちに、早めに買っておきましょう。



これからの進路や転職活動について考えている人に人気の記事はこちらです。
『20代におすすめの転職サイト比較ランキング』 ← おすすめNo.1
『転職が未経験の20代におすすめの転職サイト一覧』
『年収診断で今の適性年収が確認できるキャリア診断「MIIDAS」』

関連記事