2017/10/01

その他

20代で転職って大丈夫?転職をする前に知っておくべき4つの転職方法

仕事に対して使う時間は、人生の3分の1の時間を使うと言われています。
残りの3分の1が睡眠なので私達の体感では、人生の半分を仕事に充てている計算になりますね。

そんな人生の半分を費やしている仕事ですが、終身雇用の時代も終わり自分が本当に満足できる仕事に就くことが、非常に難しい世の中になっています。
今回はそんな現代において転職を考えている20代の人に向けて、転職をする前に知っておくべき4つの転職方法を紹介します。




20代は転職に向いている条件が揃っている

20代前半は第二新卒と呼ばれるように、近年では転職市場で一定の価値が約束されているのを知っていますか?
「第二新卒」にあたる人達は、新卒の若さや吸収力などこれからのポテンシャルを持ちつつも社会人を経験した事により、最低限のビジネスマナーや仕事への想像力も持っている事から企業の採用意欲も高まっています。

その一方20代後半もまだまだ若いイメージからか、実績が少なくともポテンシャルで採用されます。
第二新卒新卒と比べてしまうと、完全に若さとこれからのポテンシャルを武器にする事は難しいかもしれませんが、「20代」と「30代」のイメージの壁は想像以上に大きいです。
求人の募集にも年齢制限がかかる事もあり、20代後半と30代では同じようで世界が大きく変わってきます。
「20代」ブランドを使える最後の機会としても転職をすべき時期と言えるでしょう。

この事から20代前半・後半共に「若さ」と経験をあわせて勝負できる絶好の機会なので、現状の環境で人生の半分を終える事に満足できない人は転職を検討すべきでしょう。



転職をする前に知っておくべき4つの転職方法

漠然と転職したいと考えていても、20代で転職を経験をする人はほとんどが初めての経験で、何をすれば良いのかイメージがつかめないですよね。
一言で転職をすると言っても地道に足で求人を探す方法から、ネットや人脈を使って探す方法もあります。
今回はそんな数多くある転職方法の中から、メジャーな4つの転職方法をピックアップしました。


①ハローワークを利用する

ハローワークを利用して転職活動をするメリットとしては求人量が多い事や、自己分析・相談を無料で受ける事ができることが挙げられます。
他にもハローワーク側の方針として、出来る限り自宅近くから転居の必要の無い求人を紹介することを方針としており地元就職に強い点もありますね。

反対にデメリットとしては募集内容と実際の勤務内容に差があるケースが多く、他の転職サービスに比べ企業へのチェックが甘い傾向にあります。
このように企業側が求人を出すハードルが低い為、地域によってはブラック企業と呼ばれる求人が多いこともあり、慎重に企業を見極める必要があります。

ハローワークを利用するのにオススメの人は、地元就職がしたい人で自分の力で求人の良し悪しを見分ける事ができる人がオススメです。
他にはハローワークには未経験OKの求人が比較的多い事から、未経験業種に挑戦したい人や前職の経歴が少ない人にオススメできるでしょう。


②スカウトサービスを利用する

スカウトサービスを利用するメリットとしては、どのような企業が自分に興味を示しているかを知ることができ、客観的に自分の転職市場価値を知ることができます。
在職中に匿名で転職活動ができることや自分の予想外の企業からのスカウトで自分の可能性が広がるメリットもありますね。

デメリットとしては自動で送られてくるメールもあり、しっかりしたサイト選びを行わないとせっかくのスカウトメールも自動で送られるメールに埋もれてしまう場合があります。
他にも受動的なシステムであることから、中々希望の求人に巡り合えない事もあり他の転職サービスに比べ時間をかける必要があります。

スカウトサービスを利用するのにオススメな人の条件としては、職場に知られず転職活動をしたい人や今までの経歴に自信がある人が挙げられます。
他には受動的なシステムなので自分から動く必要も無く、忙しい仕事と並行しながら転職活動をしたい人にもオススメと言えるでしょう。


③転職サイトを利用する

転職サイトを利用して転職活動を行うメリットとしては、自分のペースで転職活動を進めることができる点でしょうか。
他には画像や動画で企業の雰囲気をつかむことができる点や、検索条件を設定することで自分に合った様々な企業とめぐりあうことができます。
企業の担当者と直接やり取りができる点も嬉しい部分ですね。

反対に転職サイトのデメリットとしては、良くも悪くも自分一人で転職活動をしなければならないので、面接の日程調整や自己分析を一人で行う必要があります。
他のサービスと比べ第三者のサポートを受ける事ができない事から、業界に関する情報提供を受けられなかったり、面接対策も自力で行わないといけないので自分で調べる労力が必要になります。

転職サイトを利用するのにオススメな人は、自分一人で転職競争を生き抜く力がある人にオススメできる選択肢でしょう。
後は第三者を巻き込んでどんどん転職活動を進めて行くよりも、気軽に自分のペースで転職したい人に向いています。


④転職エージェントに相談する

転職エージェントのメリットは転職のプロに転職の相談をする事ができ、エージェント経由で一般には公開されていない非公開求人に応募できる点が挙げられます。
その他にも面接までのスケジュール調整や企業に提出する履歴書の添削、退職のアドバイスまで行ってくれます。
そして転職エージェントは企業からの紹介料で運営しているので、転職者側は無料で手厚いサポートが受ける事ができる点が嬉しいですね。

デメリットとしてはエージェントとの面談があるため、転職サイト程気軽には応募できない点と担当のエージェントとの相性にも左右されます。

転職エージェントを利用するのにオススメな人は、一人で転職活動をする事に不安を覚える人や競争率の低い一般には公開されていない非公開求人に応募したい人が挙げられます。
他にも転職活動中の負担をエージェントに肩代わりしてもらう事もできるので、仕事と転職活動の両立をしたい方にオススメと言えるでしょう。



転職活動を行う前に準備すべき5つの事

ここまで転職をする前に知っておくべき転職方法を紹介してきましたが、実際に活動をする前に準備も必要です。
以下に転職活動を行う前に準備すべき5つの事をまとめましたので確認してみましょう。


①自分の事を知る

「自分の事を知る」と言っても具体的に何をすれば良いのか中々思いつきませんよね?
そんな時は、まず転職に対する自分のスタンスを決める所から、始めてみましょう。
一言で転職をしたいと言っても、会社への不満、業界への不満、職種への不満など様々な原因があります
他にも給料、待遇、残業時間などの要因もありますがこれらを総合して見たときに、次の転職で何を変えるべきかを判断出来る材料を整理しておくのが重要です。


②自分の中で譲れないラインを作る

自分の事を知って転職で何を変えたいのかを明確にした後は、その中に優先順位を付け絶対変えたい条件と妥協しても良い条件で整理すると良いでしょう。
具体的な例だと残業時間の多さに疲れて転職を考えた人の場合、次の転職先に絶対的に望む条件として「残業時間月30時間未満」を出しました。
ですが次の妥協しても良い条件として、「年収500万」という条件も設定しつつ転職活動を行っており、この妥協しても良いラインを作ることによって企業とマッチする確率を伸ばし転職活動を有利に進めていました。


③転職のスケジュールを作る

一般的に転職には、自己分析から始まり内定をもらうまでに、3~6カ月の時間がかかります。
会社を辞めてからすぐに次の職場で働きたいという人も居れば、しばらくは休息期間が欲しいという人も居るので、次の職場に入るまでのスケジュールを調整する必要があります。
そのためにもまずは希望退職日から逆算して内定をもらう時期、面接を済ませる時期、応募する時期とあらかじめ予定を立てておくとスムーズに事が進むので良いでしょう。


④企業に対する情報収集をする

実際に転職活動を行う前に企業に対する情報収集を行うのは必須事項でしょう。
面接に行った会社がどこでどんな仕事をしているのか、一歩進んだ事を話す事ができれば採用担当者もやる気を感じ面接を有利に進めることができます。
具体的な情報収集方法としては、企業のホームページを調べることはもちろんの事、大手であればSNSやインタビュー記事、地元中小企業であれば過去に受けた人や中の人を学校や友人の伝手で探したり口コミサイトを利用するのも一つの方法です。


⑤スキルや経験を磨く

20代で転職をするとなると今までの実績やスキルに不安を覚えてしまう事もあるでしょう。
そんな場合は民間で運営している通信教育サービスや職業訓練校でスキルや経験を磨いて準備をしてから転職活動しましょう。

民間の通信教育サービスは自分のペースで仕事と両立しながら資格取得を目指すことができるので、お金と労力に余裕がある人にオススメです。
反対に職業訓練校は3カ月から一年間かけてじっくり無料で学ぶことができるので、お金に余裕が無いが時間的余裕がある人が選ぶと良い選択肢です。
自分にあった選択肢でスキルや経験を磨き転職に備える事が大切でしょう。



まとめ

ここまで転職をする前に知っておくべき転職方法と準備を紹介してきましたがいかがでしたか?
それぞれの転職方法にもメリットとデメリットが存在し、自分に合うサービスを選択する必要がある事は既に理解されたかと思います。

しかし、この4つの選択肢の中であえて優劣をつけるとしたら転職エージェントが一番でしょう。

求人の質やサポート面から見ても他のサービスと比べ利用する価値はあるでしょう。
まずは転職エージェントに登録をしてから、他のサービスも並行して利用しそれぞれのサービスの長所と短所を補いながら転職活動をするのが賢い選択かもしれません。



これからの進路や転職活動について考えている人に人気の記事はこちらです。
『20代におすすめの転職サイト比較ランキング』 ← おすすめNo.1
『転職が未経験の20代におすすめの転職サイト一覧』
『年収診断で今の適性年収が確認できるキャリア診断「MIIDAS」』

関連記事