2019/03/12

子育て

出産後の仕事はどうする?出産後の仕事の探し方5選

働く女性が多い中、出産を機に仕事をやめてしまった人も多いのではないでしょうか。
出産後の仕事の探し方についてご紹介していきますので、これから出産する人も、出産を終えたがこれから就職しようか迷っているだけの人もぜひ参考にして下さい。




ハローワークに行く

出産後の仕事探しにお勧めなのはハローワークです。
ハローワークは地域の求人をたくさん案内しており、正社員だけではなくパートの求人情報も多いのが特徴です。

普通のインターネットの就職活動では家から通いにくい場所ばかりで、なかなか近所の就職先が見つからない人はぜひハローワークに足を運んでください。
地域によってはマザーズハローワークというものもあって主婦が働きやすい求人情報の提供や、職場検索の際のキッズスペースを設けているところもあります。

場所によっては予約をすれば求人情報を検索している間にスタッフは子供を預かってくれるところもありますので、求人は探したいけど子供連れで探すのを難しいと感じている人はぜひ利用してみて下さい。




派遣に登録する

最近では自分の都合の良い勤務時間や休日で働くことができる派遣という形態も女性が働きやすい職場として注目されています。
派遣の求人案件は様々ありますから、自分の希望にあった職場に巡り合える可能性も高いですし、パートよりは時給が高い場合が多いのも魅力的です。

興味がある人はぜひ登録だけにでも行ってみましょう。
派遣会社の専用のキャリアサポーターなどに今後その仕事の仕方などを相談することもできます。
勤務条件によっては派遣元企業の社会保険に入ることもできますのでしっかりとお仕事を始めたい人はぜひ登録会に足を運んでみてはいかがでしょうか。




近所のお店に設置されているの求人誌を見る

子供が小さいうちは急な病気やけがも多く、働く場所が家と近いということも重要ではないでしょうか。
その場合は近所の店頭に置いてあるタウン誌の求人情報誌に目を通して見ましょう。
住んでいる地域の求人案件がたくさん載っているはずです。

これはパートの求人情報もたくさん掲載されていますので、出産後の仕事復帰でいきなりのフルタイム勤務に不安がある人、近所でちょっとアルバイトを始めてみたい人などには最適です。
ほとんど無料のはずですので是非一度手に取ってみましょう。




近所の求人広告をチェックする

できるだけ家の近くで働きたい、できれば徒歩圏内がいいと人は近所をゆっくり歩いて近くのお店などをチェックしてみましょう。
多くの飲食店や販売店などの店頭でパートの求人広告を見かけることができるのではないでしょうか。

歩いて行けるくらい近所なら安心ですし、働く前にお店の雰囲気を確認することもできますね。
とにかく家から近くということに拘りたい人はぜひ転倒の求人広告をチェックしてみましょう。
家から近所ということで採用される確率も高くなるはずです。




在宅ワークを探す

最近では女性のための在宅ワークも多数存在します。
子供が小さくて家から外に出て決められた時間に出社するのが難しいという人は在宅ワークを考えてみてもいいでしょう。

在宅ワークと一口に言っても部品組み立てやアクセサリー制作などの内職から、データ入力、テープ起こしなどのパソコンでの作業、アンケートの回答やモニターなどたくさんの仕事の種類があります。
インターネットの媒体などを中心にしてぜひ探してみて下さい。

それでも初期被投資として器具の購入が義務であったり、研修のためのDVDを買わされたりするようなところは詐欺である場合もありますので、最初に高額な費用が必要な場合は注意した方が良いでしょう。




まとめ:出産後も仕事を探す方法はたくさんあります

本記事では出産後の仕事の探し方を解説してきました。
上記以外にも転職サイト/エージェントを利用して仕事を探す方法もあります。
「子育てママだから・・・」と言う理由で会社に就職できない訳ではありません。
※今の時代、子育てママを応援する企業が増えています。

それと並行して今回紹介した方法を実践することで、出産後でも難なく仕事を見つけることができるはずです。
出産前、出産中の子育てママさんは、出産後の就職に向けて今から準備しておきましょう。



これからの進路や転職活動について考えている人に人気の記事はこちらです。
『20代におすすめの転職サイト比較ランキング』 ← おすすめNo.1
『転職が未経験の20代におすすめの転職サイト一覧』
『年収診断で今の適性年収が確認できるキャリア診断「MIIDAS」』

関連記事