2017/06/28

転職

20代の転職は難しい?実状を解説!

あなたは今の仕事を定年まで続ける事が出来ますか?
20代のうちに他の仕事にチャレンジしたいと思っていても、転職に難しいイメージを持っている人も大勢いることと思います。
ですが社会人の5割が転職を経験しており、その内20代後半の約4割の人が転職しているのをご存知でしょうか?
そこでで、今回は本当に20代の転職は難しいのか解説したいと思います。
結論からいうと、20代での転職は難しくありません。




20代の転職は難しくない

結論からいいますと、20代の転職は難しくありません。
DODA転職支援サービスが調査したデータによると、初めての転職は新卒入社とほぼ変わらない転職成功率でした。

ですが、2回目以降の転職となると、新卒入社と比べて約46%の成功率に落ち込みます。
業種を詳しく分析してみると、転職回数が多くなる程不利になる業種とそうでない業種が別れていました。
特別な専門性が高いスキルが必要な業種は、転職回数よりも本人が持ち合わせているスキルや実績を重視しているようです。
2回目以降の転職は不利になる場合もありますが、一部例外もある事を覚えておきましょう。



2回目以降の転職は難易度が高くなる

そもそも「なぜ2回目以降の転職難易度が上がるのか?」という疑問ですが、そこには採用担当者の2つの懸念が理由だといえるでしょう。

まず、一つが入社後に離職する可能性です。
採用担当者は会社で長く働いてくれる人材を求めているので、転職回数が多いとまた転職されてしまうのではないか?という不安が生まれます。
転職回数が増えれば増えるほどその疑念が積もるので、採用担当者側も転職理由に正当性があるのか興味を持ちます。
逆に言えばどれだけ転職回数を重ねてもそこに正当性がある理由と、しっかりと採用担当者に説明する事が出来れば不利にはなりません。

二つ目がスキル不足に対する不安です。
転職回数が多いとは一つの企業に在籍した時間が短いという事なので、それに伴い本来一つの企業で得られるはずの経験を得ていない可能性があります。
新卒採用は企業側で成長させる事を見越しての採用ですが、中途採用は即戦力が求められています。
下手に転職回数が多くスキルが伴っていない人を入社させるのは、企業側としても不安なので自分のスキルと実績をしっかりとアピールするようにしましょう。



新卒よりも戦力になる

中途採用者は社会人マナーや対人経験を積んでいるので、新卒と比べ即戦力になります。
それに加え20代ならではの熱意や体力、柔軟さを備えているので企業側としては狙い目の人材でもあります。
20代前半の転職者を差す第二新卒という専門の言葉もあるほど、20代転職者は転職市場において需要があり、その「社会人の経験」と「新卒の若さ」の良い所取りした貴重な時期であるからこそ、人生で最も転職に適している時期といわれています。

「新卒の3割が3年以内に辞めてしまう」といわれる今の時代、20代転職者の世代は丁度その辞めた人達の穴を埋める存在なので企業側としても積極的に取り入れる必要があるからです。



経験不足でも柔軟に対応できる

20代の転職者は30代の転職者と比べ経験を積めていませんが、その分若さゆえの柔軟性を企業側は求めています。
そもそも何故柔軟性を求めるのかというと、新しい変化に対応していく為に固定概念の少ない真っ白な状態の人材を求めているからです。
既にスキルや実績を伴っている人材ほど古い体制にこだわる人間も多く、会社が常に変化して生き残って行く事は出来ません。
その為に企業側は固定概念の少ない真っ白な状態でありながら、最低限の知識は備えている20代の転職者を求めているのです。



転職エージェントを利用しよう

20代の転職者は、人生で一番転職に向いている今の時間を有効に活用しなければなりません。
そんな貴重な時間を有効に使い転職を成功させるためのポイントとして、転職エージェントの利用があります。
転職のプロに相談する事が出来る他、履歴書や職務経歴書の使いまわしが出来たり面接までのスケジュール調整や非公開求人を特別に紹介してもらう事ができます。
そして、転職エージェントは企業から紹介料を貰って運営しているので、転職者側がお金を払う必要がないのが嬉しいですね。
転職エージェントを利用すれば自分一人で転職活動を行うよりも負担が軽減され、良い結果をもたらしてくれるでしょう。



まとめ

20代での転職は難しくありませんが、2回目以降の転職は難易度が高くなります。
それでも専門的な知識が必要な業界であればスキルや実績を重視して判断する為、転職回数を気にする必要はありません。
それでも無理な応募を繰り返し失敗する例もあるので、堅実に自分の転職市場価値に合った企業に応募するようにしましょう。
その為にも転職エージェントへの登録は必須です。
プロに相談する事によって一人で行動を起こすより効率的に転職活動を行う事ができ、自分の転職市場価値を正確に分析してもらう事が出来ます。
より良い結果を導くには、転職エージェントの利用がオススメでしょう。



これからの進路や転職活動について考えている人に人気の記事はこちらです。
『20代におすすめの転職サイト比較ランキング』 ← おすすめNo.1
『転職が未経験の20代におすすめの転職サイト一覧』
『年収診断で今の適性年収が確認できるキャリア診断「MIIDAS」』

関連記事